STAR WARS BACKPACK BOOK

発売日:2018年12月26日
宝島社
STAR WARS BACKPACK BOOK 2,894円

■ 発売情報
発売日:2018年12月26日
宝島社
STAR WARS BACKPACK BOOK 2,894円

H41[最大値]×W31×D13cm
素材:ポリエステル
MADE IN CHINA

■ ききらら☆調べ
実測サイズ
重さ:345g

(本体)
高さ42.5cm
間口幅44cm
底幅31.5cm
底マチ13.5cm

(持ち手)
長さ48cm
幅3.2cm
立ち上がり22cm
肩掛け⇒薄着○厚着△

(ショルダーベルト)
幅5cm 調節可、取り外し不可

(ポケット)
深さ19.5×幅20×マチ4cm

素材
(表地)
・高密度ポリエステル
・しっとりサラサラなリッチ素材
カラー:ブラック、ホワイト
ロゴイラスト:ラベルプリント
厚み:やや厚手
裏コーティング:テカテカなPVC
刺激臭:無

(パーツ)
持ち手:ポリプロピレン(?)テープ ツルンとした感触 チープめな質感
ショルダーベルト:本体共布 厚み5ミリほどのスポンジクッション入り
ベルト調節部品:プラスチック
ファスナー引手:合金 全長2.8センチ
ファスナー務歯:ナイロン 開閉時に引っかかる

縫製
本体:真っ直ぐキレイに縫われている
内側サイド~底:ポリエステルテープ始末
内側入れ口、ポケット口:断ち切り

■ コメント

スター・ウォーズのバックパックは、持ち手が肩掛けできるくらい長いからバックパックとトートバッグ兼用可能なデザインです。ただし、本誌代2,894円のうち、スターウォーズのロゴ代で2,000円取られてそうな品質だと感じました。

高密度なポリエステル生地はしっとりサラサラな手触りがリッチですが、バックパック前部分をぐるりと囲んでる持ち手が白っぽいポリプロピレン(?)テープで、アイテム全体の印象まで低くみえました。もっと高そうなテープに変えれば外観が値段以上に見えたと思います、もったいないです。

使い心地も快適と言えず、ポリプロピレン(?)テープの感触は安っぽいし、ファスナーの動きはフラップと曲がり角の相性が悪くてよく引っかかるし、バックパック内部は裏地なしのテッカテカで荷物にコーティング剤が移るんじゃないかと気になりました。

上記のマイナス点がなかったら、バックパックを背中から下ろしたあとに肩掛けができるデザインの利便性が良かったので使いたかったんですが。また別のブランドブック等で採用してくれると嬉しいです。

公式WEBサイトより
「ルーカスフィルムの大ヒット作、『スター・ウォーズ』のバックパック付きブックが登場!ファッショナブルでコーディネイトに合わせやすいロゴがデザインされたバックパックで、デイリーに使いたいアイテム。大容量なので、荷物もたっぷりと収納できます。」

 うち、版権料2,000円


■ 関連リンク

STAR WARS(TM) BACKPACK BOOK│宝島社の公式WEBサイト

スター・ウォーズ|STAR WARS|

■ アフィリエイトリンク アマゾン / 楽天ブックス / リンクシェア

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

STAR WARS BACKPACK BOOK ([バラエティ])
価格:2894円(税込、送料無料) (2018/12/30時点)

コメントを残す